矯正治療

 

歯や顎の骨に力をかけてゆっくりと動かし、

不正咬合(悪い歯並びやかみ合わせ)を綺麗にかつ機能的に改善する治療です。

 

 

●上顎前突出っ歯(でっぱ)

上の前歯が前方に傾斜したり、骨格ごと前に突き出した状態です。
また、下の歯や顎が後方に位置している場合にも起こります。

 

● 下顎前突:受け口(うけぐち)

上の歯よりも下の歯が前に出ている状態です。

 

● 叢生(そうせい)

歯が凸凹に並んでいたり、歯が重なり合っている状態です。

 

● 開咬(かいこう)

噛んでいる状態で上下の前歯の間に空間ができて開いている状態です。

 

● 過蓋咬合(かがいこうごう)

上の前歯で下の歯が1/3~1/4くらい隠れているのが理想的ですが、
噛み合わせが深く、上の歯が下の歯に覆いかぶさっている状態です。

 

● 交叉咬合(こうさこうごう)

上下の歯並びが横方向にずれていて、噛み合わせが左右にすれ違っている状態です。

 

● 空隙歯列:すきっ歯

歯と歯の間に隙間があいている状態です。

 

 

この不正咬合をそのまま放置しておくと、

 

 

・ 発音がしにくい(喋りにくい)

・ 食べ物がよく噛めない

・ 歯周病になりやすい

・ 口臭の原因になる

・ 顎の関節に負担をかける

・ 肩こりや頭痛が起こる

 

 

などの不快症状を引き起こす、または悪化させる可能性があります。

 

 

不正咬合の種類や症状により治療の必要性、治療を開始する理想的な時期や治療方法、

使用する矯正装置が異なります。

歯並びや咬み合わせでお悩みの方、不安な方はなるべく早い時期に相談されることをお勧めいたします。

 

 

【成人歯科矯正】

さまざまな方法の中からライフスタイルや歯並びに適した治療法をお選びいただけます。

 

◯ワイヤー矯正

歯の表側に取り付けるブラケットと、そこに通すワイヤーで行う矯正装置です。
透明のワイヤーや透明のブラケットなどを使用した目立たないワイヤー矯正にも対応しています。

● 3D機能矯正

 

◯マウスピース矯正

透明で薄く目立たないマウスピースタイプの矯正装置です。
治療開始から終了までの歯の状態をコンピューターで3次元画像シュミレーションし、
段階ごとのマウスピースを作成します。
マウスピースを一定期間装着し、次の段階のマウスピースに交換しながら、少しずつ歯を動かしていきます。

● インビザラインGO(前歯部用)

● MMライン

● ASOアライナー

 

 

【小児歯科矯正】

子どもの成長にともない、適切に口腔内を広くしていく目的で

小児矯正を始める前の準備として

お口を育てる ”口腔育成” を行っています。

 

 

審美治療セラミック治療ホワイトニング

Contact

Contact

お問い合わせ

歯医者として最新の治療機器を備え、高い技術と経験豊富なノウハウを活かし、皆様のお口の健康と美容をサポートいたします。

清潔で落ち着いた診察室ですので、不安なく治療ができます。

歯並びや歯の色、口臭など気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

 

〒104-0061
東京都中央区銀座7-11-11長谷川ビル2F
TEL:03-3573-8148
受付時間 日・祝
10:00~13:00
14:30~18:30
◯通常診療
◉水・金曜午後 14:30~20:00  ★土曜午後 14:00~17:00
休診日:日曜・祝日