3D機能矯正

 

レナデンタルクリニックでは、歯並びを整えキレイにするだけではなく、

“全身のバランスを整えながら歯並びを美しく”

という新しい考え方のGEAW System(ギアシステム)を用いた3D機能矯正を行っています。

 

【3D機能矯正の特長】

 

1.  噛み合わせ、顔の歪み、全身の歪みが整う

3D機能矯正は「頭蓋骨に対する上下顎の位置を適正にする」ことを目的としています。

この治療法では、歯を前後左右に動かすだけでなく、従来は難しかった歯の高さや角度の調整も可能になりました。

自然で美しい歯並びにするとともに、機能的でバランスの取れた理想的な噛み合わせを作り出します。

 

2. 様々なトラブルの予防になる

歯並びが悪い場合、お口が小さかったり噛み合わせがズレていたり、

構造的な問題を抱えていることがほとんどです。

そのため、むし歯ができたらそこだけ治す、見た目だけキレイにする、

といった治療を繰り返しても、大元の問題を残したままとなり、同じことを繰り返してしまいます。

3D機能矯正でバランスの取れた噛み合わせにすることが、

お口のトラブルや身体のトラブルの予防になるのです。

 

その結果、

 

・頭痛、肩こり、耳鳴りなどの不調の改善

・歯ぎしり、くいしばりの改善

・知覚過敏の改善

 

 などが期待できます。

 

3. 非抜歯で矯正治療ができる(親知らず以外)

一般的な矯正治療では多くの場合、小臼歯を数本抜歯して歯を並べていくのが現状です。

当クリニックでは、できるだけ抜歯をしない方針をとり、

3D機能矯正で抜歯をせずに矯正治療を行っていきます。

 

4. 従来のワイヤー矯正より痛みが少なく、期間も短い

GEAWテクニックを用いる3D機能矯正では、

しなやかで強度に優れるゴムメタルという新チタン合金のワイヤーを使用しており、

従来のワイヤー矯正に比べて歯に優しく、かつ効果的に歯を動かしていきます。

痛みや違和感が少なく、治療期間も短縮されます。

 

5. 後戻りしにくい

せっかく歯並びを美しくしても、患者さんの持つ構造的な問題がそのままであれば、

後戻りを起こす可能性が高くなってしまいます。

3D機能矯正は患者さんの骨格、筋肉、呼吸環境などを考えながら行う矯正治療のため、

機能的でバランスの取れた噛み合わせを作り出し、

矯正治療終了後も長期的に後戻りしにくいという特長があります。